仙台はふるさと

もう76年も前、僕の生まれて初めての旅は東北本線に乗り、青函連絡船

に揺られて、母が育った室蘭にだった。1歳にもならなかった僕が母に抱か

れて函館埠頭で写っている写真がある。武蔵野音楽学校で恋をし結婚した

父と母の初めての子供だった。両親は室蘭で演奏会をし、札幌では日本

放送協会で演奏したのだが、祖父と祖母に初孫を早く見せたい気持ちも

あったのだろう。祖父小野誠と祖母かつは仙台の人。だが眼医者であった

誠さんは第一子である母が3歳の時に室蘭に移り、全部で9人の子供を

もうけ、晩年はまた仙台に戻り、56歳の若さで亡くなった。祖母かつは

「誠さんはずるい。私を愛して愛して、さっさと往ってしまった」とよく

ぼやいていた。仙台には叔父や叔母がたくさんいたので、僕は子供の時から

仙台には良く行っていた。いまでは従兄弟たちもたくさんいる。6月16日

にも出かけて演奏もしてきたところだ。


カテゴリー: ブログ パーマリンク