クリスマス

今日はクリスマスイヴ。正午に古都トウルクの大聖堂の鐘が打ち鳴らさ

れ「クリスマスの静寂」が全国に宣言される。これは1320年から続

けられている習慣で、フィンランドは中世の600年の長きにわたって

、スウェーデン王国の一部であった。ナポレオン戦争で敗れ、それから

帝政ロシアに組み入れられるが、1917年のロシア革命を機に念願

の独立を果たす。こんな史実を高校初年の頃に知り、フィンランドへの

興味をかき立てられた。「クリスマスの静寂」の言葉通り街には人影

もなくなる。ホテルやレストランも商店も皆クローズされ、26日まで

の3日間は皆自分の家で(家族親族だけで)クリスマスを祝うのだ。

ピアノも弾けないから、この3日間は楽譜を眺めているしかない。北欧

のクリスマスは綺麗でしょうね。パーティーなどもあって楽しいのでしょ

うねとよく聞かれるが、事実はこの通り。大いに違う。

これももう60年前「北緯60度の恋」というフランスの小説を読んだ。

ゴンクール賞という文学賞を受けたもので、パリ育ちの青年がノールウェ

イ娘と恋に落ち、クリスマス時期のオスロでまったく不思議な経験をする

物語だが、いまの日本人もこの「北緯60度の恋」をフィンランドでして

しまうのではないかと思う。


カテゴリー: ブログ パーマリンク